第2話「厚顔無恥」 おさらい

辻斬りの出現に騒然となる江戸の街。
源太は、江戸随一との呼び声高い
笠原道場の剣士・佐藤数馬と出会うが!?

脚本:岡本さとる  監督:原田徹

江戸の河原に辻斬りが現われ、街は騒然となる。一方、南町奉行所では、江戸随一と言われる剣術師範の笠原監物(目黒祐樹)と息子・太平(浜田学)を招いて、指南を受けることになった。剣術の稽古と聞いて、見廻り同心渡辺小五郎(東山紀之)自身番中村主水(藤田まこと)は憂鬱な気分に。

一方、源太(大倉忠義)は、往来で若侍たちに絡まれたところを、佐藤数馬(忍成修吾)という若者に助けられる。彼は笠原の道場で剣の腕を磨く剣士であった。数馬の気持ちの良い人柄と、貧しさに負けずに息子を支える母・みち(賀来千香子)の優しさに触れ、心の和む源太。

そんな矢先、数馬が剣の腕を認められて、太平の付け人になることが決まった。息子の夢を叶えるため、汗と埃にまみれて働くみちの力になろうと、源太は花御殿のお菊(和久井映見)に相談して、経師屋涼次(松岡昌宏)の手伝い仕事を紹介した。

ところが、太平の付け人となった数馬が知らされたのは、太平とその付け人・加治田文蔵(尾上松也)と松村金八(仲野毅)が辻斬りの正体だという事実だった。ショックを受けた数馬は母・みちに道場を辞めたいと申し出るが、辻斬りの事実を知らないみちは、もう少し辛抱してみろと説くのだった。

源太の励ましもあって、数馬は悩んだ末に道場を辞めようと決心する。しかし、秘密が漏れるのを恐れた太平たちによって、激しい稽古の形を借りた“かわいがり”によって、袋叩きにされて殺されてしまう。太平は、数馬の死を稽古中の事故と説明。かの笠原道場で起こった事件とあって、筆頭同心の坂本勘助(宇梶剛士)も詳しく調べようとしない。結局、数馬の死は事故として片付けられた。泣き崩れるみちを前に、源太も憤りを隠せない。




実は、監物は事件の真相に気づいていた。しかし、彼は将軍家剣術指南役になろうとする息子かわいさのあまりに、太平に武者修行の旅に出るよう命じ、その間に事件の隠蔽をしておくと告げた。笠原道場を訪れ偶然その話を聞いたみちは、監物の卑怯さを責め、息子を返せと迫るが、逆に監物によって斬り捨てられてしまう。

涼次がみちに払い損ねた手間賃を頼み料に、仕事が始まった。お菊が太平らを誘って酒に酔わせると、涼次が松村を、主水が加治田を、源太が太平を仕留めた。一方、小五郎は笠原道場を訪れ、監物を斬ったのだった。