第14話「武士の異常愛」 おさらい

ストーカーに悩まされる娘・おゆうに、
同心・森岡安之進が救いの手を差しのべる。
だが、それが悲劇の始まりだった……

脚本:岡本さとる  監督:原田徹

唐辛子屋の江すみ屋の娘・おゆう(井上和香)は、最近、怪しい男によってつきまとわれていた。おびえるおゆうを助けたのは、森岡安之進(山口馬木也)渡辺小五郎(東山紀之)の同僚の同心だ。おゆうを心配した森岡は、江すみ屋に毎日立ち寄ることを約束した。それを聞いて娘を心配していた母・おかね(烏丸せつこ)も、胸をなでおろす。

そんな中、おゆうは、涼次(松岡昌宏)の頼みで店に七味を買いに来る如月(谷村美月)と2人で富岡八幡宮に参拝に出かけ、大道芸人の曲芸を見て楽しいひとときを過ごす。だが、それを見ていた森岡は、大道芸人などと軽々しく口を聞くなと忠告した。きつい口ぶりに不安を隠せないおゆうだった。

その矢先、おゆうをつけ回していた男・三次(山本竜二)が、森岡の配下の目明し・聖天の権三(谷口高史)とその子分・鮫七(岩佐好益)によって捕らえられる。森岡は三次を有無を言わさず斬り捨てると、おゆうに向かって「お前を守るためなら手段は選ばない」と言い放った。

おゆうとの結婚を決意した森岡は、高価な簪を贈る。だが、幼馴染で上方に修行に行っている宮大工・徳次郎(木村康志)と一緒になることを決めていたおゆうは、その申し出を断った。森岡は、権三と鮫七に命じて、江戸に帰ってきた徳次郎を殺し、物盗りの犯行に見せかける。

それが森岡の仕業と確信したおゆうは、母・おかねとともに奉行所に訴え出る。しかし、森岡は権三と鮫七と口裏を合わせており、おゆうの言い分は聞き入れられない。さらに、森岡は、権三と鮫七に命じておゆうを拉致し、自宅の地下蔵に監禁し、無理やりに結婚を迫る。だが、それでもおゆうが激しく抵抗し続けると、森岡はついに脇差でおゆうを刺し殺してしまった。「これでお前は私だけのものだ」とつぶやく森岡。

おかねは、娘の仇を取ってほしいと三番筋を訪れる。仕事の的は、森岡、権三、鮫七の3人。権三を手強い相手だとにらんだお菊(和久井映見)は、涼次と匳(田中聖)の2人で仕事に当たらせることを決めた。まず、中村主水(藤田まこと)が脇差で鮫七を貫く。次に、涼次と匳が権三を仕留めた。最後に、小五郎は、森岡を斬り捨てたのだった。