第15話「昔の女」 おさらい

涼次は昔の女・おゆきと再会する
彼女は、江戸で評判の料理屋・川兆の
若旦那に嫁ぐことになるが……

脚本:前川洋一  監督:石原興

涼次(松岡昌宏)は、経師屋仕事で訪れた先で、昔の女・おゆき(伊藤裕子)と偶然再会する。彼女は今、江戸で一番と評判の料理屋・川兆の若旦那・藤一郎(田中実)と付き合っているそうだ。

そんなとき、その川兆の主人が何者かによって殺され、藤一郎が川兆を継ぐことが決まった。これを機に、藤一郎は、おゆきと所帯を持つことを決意する。おゆきが岡場所上がりの身分の良くない女だということもあって、川兆の女将・おしん(絵沢萠子)は反対するが、藤一郎はそれを押し切っておゆきを嫁に迎える。おゆきが玉の輿に乗ったと喜ぶ涼次。

ところが、おゆきがやってきた頃から、川兆の家の様子が徐々に変わり始める。女将のおしんが原因不明の病に伏せるようになった。さらに、おゆきへの接し方をめぐって、昔からの大番頭がクビにされ、新たに多吉(大石昭弘)が番頭となった。娘のお佐枝(宮本真希)も、不安を隠せない。

お佐枝から、川兆の異変を聞きつけたお菊(和久井映見)は、匳(田中聖)に命じておゆきの身辺を探らせる。そんなお菊に向かい、涼次は、かつておゆきに命を救われたことを語る。おゆきには、悪人にだまされて家族を失って岡場所に送られ、そこから今の地位まではい上がってきたという過去があったのだった。そんなおゆきに同情的な涼次に対し、お菊は川兆の主人が死んで一番得をしたのはだれだ、と問いかける。

その矢先、お佐枝が留守の間に、おしんと藤一郎が相次いで死んでしまう。犯人は、お菊の読みどおり、おゆきであった。おゆきは、多吉や地廻り清蔵(手塚秀彰)、その弟分の卯之助(真勝國之)らと組んで、川兆の人間を次々に殺害したのだった。さらに、おゆきは清蔵と卯之助に命じて、お佐枝を犯させ、昔の自分のように岡場所に売ろうとする。

お佐枝の依頼で、仕事が始まった。的は、おゆき、多吉、清蔵、卯之助の4人。匳が多吉を、中村主水(藤田まこと)が卯之助を仕留めた。お菊や小五郎の反対を押し切り、仕事を請け負った涼次は、おゆきを訪ねる。そして、断腸の思いで腕の中のおゆきの首筋に錐を突き立てたのだった。最後に、小五郎が清蔵を一刀両断に斬り捨てた。